おはようございます。管理人です。
札幌遠征のため成田空港にいます。(挨拶終了)

ご利用してくださる皆様のおかげで当サイトも開設して6年がたちました。
ありがたいことです。これからもよろしくお願いします。
ホビログはご利用くださる皆様に有意義な情報を提供できるよう努力しております。
その中で個人・法人にとって不都合または問題のある情報があった場合、編集部宛にメッセージを飛ばすことで、記事の修正または削除を要求することが可能です。
真摯に対応しておりますのでどうぞご利用ください。お仕事のご依頼と共にお待ち申し上げます。

今回は円滑なやり取りのため、ガイドラインを設置しました。
常識的なことばかりなので普通なら気にされる必要はないのですが、
「管理人がいきなり怒り出した」「メールが来ない」「一般的な削除要請ってどうやるの?」などお困りの担当者様は是非参考にされてください。
※社会人初心者でも分かりやすいように砕けた表現を使用しました。
※他のサイト様宛てでも流用できるよう記述しています。

1. まずは名乗りましょう
必ず本名で、ハンドルネーム不可。企業名と役職名は必須です。
あれば担当部署も。
※役職とは一般、主任、社長など肩書きのことです。
メールアドレスは所属企業様のドメインを使用してください。
基本的に社外の代理人不可です。アルバイトや派遣社員の方もご遠慮ください。

2. 削除の箇所と理由を正確に指摘する
削除できない案件の大半はここに問題があります。
分かりやすいようにダメな例を出します。

1.削除してほしい箇所とその理由が不明
「困っています」←迷子の外人かお前は
「不利益になる恐れのある情報が記載されています」←それはどこですか?
「箇所と理由は社外秘です」←お、おう
「ブログを閉鎖してください」←正気か

2.そもそも削除対象ではない
「問題のあるスタッフによるtwitterを残したくない」←大変ですね
「円盤の販売枚数が3桁で恥ずかしい」←御社営業部へどうぞ
「事実であろうが批判は許さない」←

3. 脅迫、恐喝の類
実際、上記二項目に不備があっても、管理人はほとんどの要請を受け入れております。
最低限の常識さえ踏まえれば、削除に対応しなかった前例はありません。
しかし近年「お願い」と称して高圧的な文面で記事の削除を強要、最終的に閉鎖に追い込む悪質な企業が存在します。いくつもの優良サイトがこの手口で潰されました。
削除の依頼はどちら様であろうとも受け付けますが、そのような行為は当サイトでは逆効果となるでしょう。他のサイト様でも同様です。

4. 嘘または虚実を含んでいる、主張が不透明で信用に欠ける
自己紹介になりますが、管理人は営業畑出身なので大抵の嘘や誤魔化しを見破ります。
特に主張をコロコロ変える人間は怪しく信用されません、こちらへの誠意なしと判断します。
逆に言えば誠意を持ってお願いすれば、相手も人間です。
少々の無理は聞いてくれる・・・はずです。


以上です。
そもそも当サイトはセンセーショナルなニュースサイトではないので、
あまり必要ないガイドラインですが念のために。
要請自体は簡単ですね、通常のウェブサイトであればこれで削除されています。
削除完了の返信メールは省かれることが多いようですが問題ありません。