去年の業者向け展示会で、店長さんと昼食をご一緒させて頂く機会に恵まれた。
この方はフィギュアショップを経営している小売店の店長さんであるが、ネットビジネスとフィギュアブログ界隈において並々ならぬ知識と経験をお持ちの方だ。
行き詰まりを覚えているワタシに、きっとよいアドバイスをくれるに違いない。
「九州発祥のとんかつ屋が秋葉原にあるんで(浜勝)おごりますよー!うまいから!うまいから!」と会場から連れ出すことに成功。

ちょうどオルタさんがブログの規模縮小と閉鎖を宣言された直後だったので、自然とフィギュアブログの今後と業界の未来について話が進んだ。
「自分のところ、かなり危機的状態にあります。このままだとマズいです。」
「ホビログを閉鎖すんの?」
「最悪そうなるかも・・・」
「もったいないよ、それに閉鎖してどうするの?何かアテはあるの?」
「それが何もないのです、どうしたら良いでしょうか?」
「うーん、その前に最近フィギュアと関係ない記事多いよね。あれ良くないよ。」
「ギクッ(エロ同人の件かな)」
「エロ同人とか」
「////(やっぱりそうだったアアアン)」
「いやあってもいいけど、それが人気高くてトップに延々残るとコア層が離れる」

サイト管理者同士が顔を突き合わせて直に話をする機会はかなり少ない。
ご縁があっても、表面上の付き合いで終始してしまう。
それが同じカテゴリであれば尚更のことであるが、店長さんは人格者でもあり、私のような取るに足らない者の相談でも親身に聞いて頂けた。

「ホビログはどこを目指しているの?ビジョンある?」
「電撃ホビーウェブを理想としてます、声優イベントとかあって楽しげな雰囲気だし記事も独特だし」
「そういえばホビログさんはコンサートの取材やってたね」
「なんだかおもしろいってサイトあるんですけど、あんな感じもいい」
「なるほどね、でもカテゴリはひとつのブログにつきひとつ、これは基本だから。」

なんだかおもしろいさんともお会いする機会に恵まれるのだが、この時点での面識はない。
多角的戦略もいいが、違うカテゴリならばサイトを分けての複数運営を薦められた。
そして店長さんが実際に運営しているサイトのお話、もちろん詳細は申し上げられないが、その仕事量はかなり衝撃的だった。ここまで一人の人間がやれるものなのかと。
まあ要するにワタシは辛い現状に甘えていただけだった。

「専門書を読むといい、オススメはこれとこれ(スマホで)」
「へえ、これがスマホかあ」
「持ってないの?今はみんなスマホだよ」
「今度ガラケーから乗り換えます・・・」

本当に何から何までお世話になって、結局お会計まで払ってくれた←
店長さんのアドバイスを詳しく書きたいところであるが、未だ理解したとは言い難いのでまた今度。
まだまだ諦めるには早すぎる、まだまだホビログはやれる。
とりあえず手始めにスマホを買った管理人でありました。

続きます

次回は本題「激動の時代でも大手は安泰の謎」
誰かから怒られたら記事消しますのでよろしこ←


とんかつ浜勝 ヨドバシAKIBA店 ランチが狙い目、値上げしたけどそれでも安いぞ旨いぞ



増補改訂版 グーグル・アドセンスの歩き方